BLOG

エミリオ・イダルゴ社のテイスティング・セミナー Cata Seminario de Emilio Hidalgo



mIMG_0391.jpg

 2月22日(水)に銀座の「スペイン・クラブ」でシェリーのメーカー「エミリオ・イダルゴEmilio Hidalgo」社のフェルナンドと

フアン・マヌエルによるセミナーとテイスティングが行われました。二人はイダルゴ家のいとこ同士で、一緒にボデガで働いています。まさにファミリー企業です。




 この日の試飲は、イダルゴ・フィノHidalgo Fino、ラ・パネサLa Panesa(エスペシアル・フィノ)、マルケス・デ・ロディルMarqués de Rodilエスペシアル・パロ・コルタド)、ビリャパネスVillapanésオロロソ・セコ)、エル・トレシーリョ1874El Tesillo 1874エスペシアル・アモンティリャード・ビエホ)、モレニータMorenitaクリーム)、イダルゴ・ペドロ・ヒメネスHidalgo Pedro Ximénezの6本。

mIMG_0394.jpg

熟成期間の長いフィノ、アモンティリャード、オロロソはさすがに個性がしっかりしていて、深みのあるおいしさです。なかでもパロ・コルタドは独特のつくり方をしていました。熟成期間が15年と長いフィノ「ラ・パネサ」のソレラのなかから選んだワインに、新しいワインを補充せず、フロールを消滅させたものに、パロ・コルタドを補充することによってパロ・コルタドに仕上げていくといいます。「よそのボデガのパロ・コルタドとは違います」とフェルナンド。「うちは他のボデガとは違うことをしようと思っています」とフアン・マヌエル。伝統的な家族経営のボデガも若い世代に引き継がれて、少しずつ現変わっていっているようだ。

関連記事

  1. CVNE
PAGE TOP