BLOG

BLANDY’S  Madeira Wine Tasting


Blandy's Chris Blandy 10.06.2012.JPG

710()、表参道のポルトガル料理のレストラン、ペローラ・アトロランティカで、木下インターナショナルさん主催のポルトガルワインの試飲会がありました。注目は、マデイラワインのメーカー、ブランディズ社のCEO、クリス・ブランディCheris G. Blandyさんによるセミナーです。

 ブランディズは、昨年、創立200周年を迎えた老舗で、現在はマデイラ・ワイン・カンパニーMadeira Wine
Company
の一員です。多くの古いヴィンテージ・マデイラを持っていることで知られていますが、それは1872年、フィロキセラが島を襲ったとき、大量のストックを買い占めたからだとのこと。けれども一方で、新しいチャレンジも怠りません。2000年にマルヴァシア1994年を発表し、20年以上熟成しなければならないヴィンテージに対し、5年以上熟成の「コリェイタColheita」という新しいカテゴリーを生み出しました。また、2002年にはマルヴァシアとブアルのブレンドという、若い世代向けた新しいスタイルのワイン「アルバダAlvada」を発表しました。

 とはいえ、今回の試飲では、やはり、クリスさんも好きだとおっしゃる「ブアルBual
1968
」が、素晴らしくおいしかったです。

 

参考: 

マデイラ・ワイン・カンパニー:http://www.madeirawinecompany.com/

 関連記事:http://www.vinoakehi.com/2012/05/-2-vinho-da-madeira-2.html

関連記事

PAGE TOP